TEMPOUP Commerce Bank

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 会社を知る
  4. 代表メッセージ

代表メッセージ

「知恵と経験」を生かして

私が、事業用不動産(店舗)の事業を立ち上げたのは、バブル崩壊後の1992年、横浜の地でした。

私には、不動産免許もなく、事業所(店舗)や看板もなく、ましてや資金も潤沢ではありませんでした。そこで思いついたのが、他人の力を借りて展開するビジネスでした。知人が経営していた不動産屋の看板と電話を借用し、自身で手作りのチラシを撒いて営業を始めました。当然、決め事として、収益が上がれば友人との折半(山分け)としました。

そうして蓄えた準備資金を使って、2年後に、テンポアップの前身の会社を設立、15年間経営しました。その後、体調を崩したため、会社をM&Aし、1年休養しました。その後、体力も回復したことから、2008年10月に現在の(株)テンポアップを設立しました。

様々な経緯はありましたが、テンポアップも現在、10年の実績を積んでおります。この25年間、自分の信念、企業理念は、いささかも変わってはおりません。

私が作り上げたテンポアップの理念・業態を共有するエージェントの皆さんなら、誰もがチャレンジできるビジネスモデルなのです。

エージェントの主要な業務は、ご自身が選んだエリアでチラシ撒きをしながらラウンド(巡回)して、街中の空きそうな物件情報を家主さんから集めて来ること、そして、探した物件と出店希望の企業や個人事業者とのマッチングを行うことです。双方が合意に達し、契約が成立した場合に発生する仲介手数料のうち50%を、エージェントの皆さんが報酬として受け取ることができるのです。
一般的に、不動産事業を始めるには、初期投資にかかる諸費用が必要です。しかし、不動産免許、事業所(店舗)や看板、電話、営業用チラシなどの初期費用は、弊社が準備実施いたします。そのため開業コストが低いこと、リスクを最小限にして同じ仲間と不動産業が開業出来るのです。

在籍するエージェントは現在約270名。そのうち94名が宅建有資格者(平成30年7月現在)。すでに法定数の資格者がいるため、新たに多額の費用をかけて資格を取得する必要はありません。コストをかけずに開業できる点が大きな魅力だと思います。

「株式会社 テンポアップ」と言う「ブランド」、「スキルを持った仲間たち(コマースリアルター=※参照)」「蓄積された独自の店舗情報」――これらの有形・無形の会社資産を活用できるのです。

新しい事業を展開されようと準備されている人たち?? 経験の有無を問わず、心より歓迎いたします。

代表取締役会長 兼 社長加藤 冨士夫